テレビ東京ホールディングスがAI Vtuber事業に参入、その新技術と期待に迫る

ビジネス

テレビ東京ホールディングスが、最先端技術として注目を集めるAI Vtuber事業に参入したというニュースが反響を呼んでいます。同社は30日、自身の傘下であるテレビ東京が、シンガポールを本拠地とするNFTゲームプラットフォーム運営者であるDigital Entertainment Assetとの協力により、話題となっている生成AI・ChatGPTと、非代替性トークン(NFT)を利用した新キャラクター(IP/知的財産)の開発に着手すると発表しました。

このプロジェクトの主な目標は、「原石」から「スター」を生み出すことにあります。そのため、多様な個性を持つ7人のAI Vtuberを開発し、テレビ局として初の試みとなるこの取り組みに期待が高まっています。さらにグローバル展開も計画されており、新サービスの開始が今夏に迫る中、その動向が注目されます。

AI Vtuberとは、仮想世界のキャラクターが、AI(Artificial Intelligence)により操作される仮想YouTuberのことを指します。詳細なビジュアルエフェクトや3Dモデル、さらにはリアルタイムモーションキャプチャーによって、リアルな人間のように動かすことができ、視覚的に魅力的なコンテンツを提供します。

これまでに数多くのAI Vtuberが登場してきましたが、それぞれが独自の個性とストーリーテリングを持ち、多彩な展開を見せています。一部のキャラクターはゲームチャンネルまで持つなど、その活動範囲は広範です。

さて、テレビ東京ホールディングスの新しい取り組みは、これらのAI Vtuber事業のさらなる発展を予感させます。リアルタイムで動き、表現力豊かなキャラクターを生成するためのAI技術と、デジタルアセットとしての価値を保証するNFTの組み合わせは、エンターテイメント業界における新たな可能性を開くことでしょう。

さらに、“原石”から“スター”を生み出すというコンセプトの下、7人のAI Vtuberの開発が進む中、個々のキャラクターが独自の個性と物語を持つことで、視聴者にとっての魅力を一層高めることが期待されます。既に今夏のサービス開始に向けて準備が進められており、その一挙手一投足が業界の注目を集めています。

テレビ東京ホールディングスの新たな取り組みは、テレビ業界とAI技術、さらにはNFTといった新たなテクノロジーがどのように融合し、どのような可能性を生むのかに興味津々です。今後の進展に期待が膨らむばかりです。

参照記事・引用元画像
テレビ東京HD-反発 AI Vtuber事業に参入 | 個別記事 | ニュース | トレーダーズ・ウェブ
テレビ東京HD-反発 AI Vtuber事業に参入