南海電鉄、新大阪駅までJRとの連携で関空から兵庫県へスムーズ移動を実現へ

ビジネス

南海電鉄は2031年春に開業予定の新線「なにわ筋線」を活用し、JR大阪駅から新大阪駅までの列車乗り入れで、阪急電鉄が開業を計画している「連絡線」の利用を検討していることが明らかにされました。これによりJR西日本の路線と併せて2つのルートを活用し、一部の列車が神戸線や宝塚線を停車する十三(じゅうそう)駅を経由することになります。これにより、南海電鉄の列車で関西国際空港から移動する客が兵庫県などへスムーズに移動できることになると言えるでしょう。

名物特急「ラピート」は現在の規格ではなにわ筋線を走行することはできませんが、既に後継列車の開発が表明されています。新された列車は「ラピートのイメージ」を受け継ぐ形で運行される計画です。

新線の始発、JR大阪駅から新大阪駅へ乗り入れるにあたり、「現時点ではJR西の路線を使う」とした上で、阪急の連絡線開業を計画していることに触れ、行き先の選択肢を広げるという視点で新線の活用を考えています。「レールがつながるなら、いろいろな方向に行ける。それは、鉄道が磨くべき強みだ」と南海電鉄の岡嶋信行社長は取材者に対して語りました。

一方、新線では南海新難波駅が新設されることになります。この駅は地下約40メートルに設置され、大阪メトロなどの路線よりも深い位置になることが明らかにされています。まだ詳細な情報は公開されていませんが、乗り換えの利便性は確実に揃えると強調されています。新駅の出現を機に、オフィスやホテル、住宅等の開発が進む可能性を示唆。難波エリア全体の開発を見据えた構成になると思われます。

〈南海新難波駅と周辺地域の交通網が一体化か〉

なにわ筋線開業に伴い、新たな交通ルートが生まれるだけでなく、難波エリアの再開発にも弾みがつきます。南海新難波駅の出現により、難波の魅力がさらに広がり、訪れる人々に新たな驚きと楽しみを提供することが期待できます。阪急の連絡線を活用した周辺地域との交通網の強化により、道路混雑の緩和や、地域間の移動時間の短縮が図られ、旅行者だけでなく地元の人々にとっても便利さを実現します。

このような取り組みが進むことで、大阪はさらに魅力ある都市へと進化していくでしょう。大阪都心部を旅する人々は今後より一層便利に、そして快適に交通を利用することができるようになります。南海電鉄の戦略的な取り組みは、大阪の持つ魅力を引き立て、都市の魅力をさらに引き立てる役割を果たすことでしょう。地元の方々だけでなく、訪れる全ての人々にとって、大阪の都市魅力がさらにパワーアップすることを期待したいと思います。

参照記事・引用元画像
南海、阪急に乗り入れ 大阪―新大阪 「連絡線」活用検討(産経新聞) - Yahoo!ニュース
2031(令和13)年春に開業する新線「なにわ筋線」で、南海電気鉄道が、同線の始発駅であるJR大阪駅から新大阪駅まで列車を乗り入れるにあたり、阪急電鉄が2駅間で開業する「連絡線」の利用を検討している