高知県の新たな観光戦略が幕開け!「極上の田舎、高知。」で長期滞在を促進

まちの話題

日本の連続テレビ小説『らんまん』の放送に合わせた高知県の観光キャンペーンが終了し、新しい観光戦略が幕を開けました。新戦略のコンセプトは「極上の田舎、高知。」で、観光客の長期滞在を後押しすることが目指されています。

これまでに注目されてきた高知県は、その自然豊かな風景と独自の文化で、観光客にとって魅力的な目的地となってきました。「牧野博士の新休日」と題した観光キャンペーンは成功を収めましたが、来年度以降を見越して新規策の開発が始まったのです。

7月13日、新たな観光戦略について考察するために高知県の検討委員会が開催され、観光関係者など9名が出席。審議の中で「極上の田舎、高知。」という新たなコンセプトが提示され、4年にわたる新戦略の方向性が示されました。この新コンセプトは高知県の理想的な自然環境とその文化を前面に押し出し、観光客にその歴史や文化を体験するとともに県内での長期滞在を奨励するものです。

また、高年齢層のレジャー需要、若者や女性の旅行需要、そしてインバウンド需要を特に意識し、これらのグループを積極的に取り込むことを計画。リピート率の向上を図ることで観光産業における消費額の増加を目指します。

今後、この推進計画は8月の検討委員会までに集約され、具体的な観光戦略としてまとめ上げる予定です。検討委員会の藤本正孝委員長は「コロナ禍を経てリアルなコミュニケーションが再評価されています。特別なことはしない旅行など、多様化する消費者の需要に合わせて、観光戦略も変容していくべきです」と新戦略に対する意気込みを示しました。

これからの高知県観光は、“極上の田舎”体験の提供を中心に据えた戦略を展開します。それは自然と文化、人々との繋がりを深く味わうことで、観光客自身がその場その場で創り出す旅の物語を楽しむという新しい観光文化の創出にも繋がるでしょう。

新戦略は高知県の真骨頂に立ち返ると同時に、変化する観光市場への対応を試みています。地元の魅力を最大限に活かすこの施策は、観光客への新たなアピールポイントとなるはずです。県はこれにより、リピート率の向上を目指すと共に、新たな観光層の発掘とともに消費額増加を実現しようとしています。

高知県の“極上の田舎”体験に対する期待は高まるばかりです。自然と文化に溢れ、地元の人々とのつながりを深める絶好の機会を、ぜひこの機会に探求してみてはいかがでしょうか。

参照記事・引用元画像
朝ドラ終了後の観光戦略 コンセプトは「極上の田舎、高知。」|NHK 高知県のニュース
【NHK】連続テレビ小説『らんまん』の放送にあわせて行われている県の観光キャンペーンが終わったあとの新たな観光戦略を考える委員会が開かれ、コンセプト…