多様なライフスタイル支援:Airbnb Japanと三菱地所の共同事業

ビジネス

エアビーアンドビー日本法人(Airbnb Japan)と三菱地所は、2022年12月に締結した協定を受けて、多様なライフスタイル、旅行習慣、ワークスタイルをサポートするために共同事業を始めることを発表しました。その第一弾として、「次世代レジデンス」という名前の新しい賃貸物件「(仮称)豊島区池袋4丁目計画」に取り組む予定です。

この「次世代レジデンス」は、月単位の賃貸と日割り利用のハイブリッド運用を行う特徴があります。つまり、長期滞在者と短期旅行者が同じ建物で一緒に生活を楽しむ、まったく新しい形のレジデンスとなる予定です。三菱地所グループは住宅宿泊事業法に基づき届け出を行い、物件管理を担当し、一方でエアビーアンドビーは宿泊予約の受け付けを担当します。

「豊島区池袋4丁目計画」の開発と運用は三菱地所レジデンスが行い、運営は三菱地所が出資するコリビング運営会社のHmlet Japanが担当します。この計画は既に進行中で、2025年に入居が予定されています。

この協業は「豊島区池袋4丁目計画」にとどまらず、国内の遊休不動産の活用、地域資源やコミュニティの育成、長期滞在の仕組み作りなど、さまざまな領域での共同検証を予定しています。両社は新たな地域活性化の形を模索し、それぞれの強みやサービスを生かして、新たな街作りにも取り組んでいく考えです。

この協業により、エアビーアンドビーのユーザーベースと経験、そして三菱地所の建築・不動産知識を活かした新しいレジデンススタイルが生まれ、日本の宿泊業界や都市開発に新たな風をもたらす可能性があります。

住宅や不動産の利用形態が多様化し、長期滞在や一時的な滞在が増える中で、このような取り組みが需要と供給のギャップを埋め、多くの人々に新たな生活の選択肢を提供することが期待されます。

この協働から生まれる新たな価値やサービスが社会にどのような影響を与えるか、今後の動向が楽しみです。

参照記事・引用元画像
民泊エアビーと三菱地所が協業、第1弾は「次世代レジデンス」、月単位の賃貸と日割り民泊のハイブリッド物件(トラベルボイス) - Yahoo!ニュース
エアビーアンドビー日本法人(Airbnb Japan)と三菱地所は、2022年12月に締結した包括連携協定に基づいて、多様な暮らし・旅・ワークスタイルを支援する目的で本格的な協働を開始する。その第1