恋するうさぎダンサーズ?幸せを運ぶ舞いをお披露目- 鳥取県が贈る幸せの舞台

まちの話題

鳥取県庁の若手職員による「うさぎダンス」が、世間に初お披露目となる「うさぎダンス奉納・お披露目」が、2023年7月7日(金)に鳥取県に鎮座する白兎神社で行われました。「うさぎダンス」は、日本最古の恋の神話である「因幡の白兎」の地、鳥取県が世界に向けて送るメッセージでもあり、この奉納イベントはそのスタートラインとなる特別な時間となりました。

さらに、7月にはSNS上で「うさぎダンスコンテスト」も開催されます。全国からの参加者たちが私たちと一緒に「うさぎダンス」を披露し、豪華な県産品が贈られる他、最優秀者は9月に白兎海岸周辺で行われる「うさぎダンス・ファイナル」に招待されます。

また、「うさぎダンスプロジェクト」は、2023年が卯年であることや鳥取県内に多くのうさぎに関連するスポットがあることをきっかけにスタートしました。

この「うさぎダンス」は、キュートな振り付けと両手をピョンと跳ねるステップが特徴的。曲は鳥取県出身の作曲家・田村虎蔵氏が作った童謡「大黒さま」を使用し、振り付けは縁結びの神様の住む地、鳥取県の青谷上寺地遺から発掘された人骨を基に復元した「青谷弥生人」のそっくりさんを選出したコンテストで選ばれた青柳純二さんと職員が共に考案。このダンスを楽しむことが縁結びのご利益があるとされています。

「うさぎダンス」が奉納される白兎神社は、日本で最も古くから恋愛を象徴する「因幡の白兎」に登場する白兎神を祀り、恋人やカップル達が訪れる縁結びのパワースポットとして知られています。さらに神社内には15体以上のうさぎの像が存在し、一歩足を踏み入れれば、うさぎ好きにとっては最高の聖地とも言えるでしょう。

鳥取県が贈る「うさぎダンス奉納・お披露目」。ここは、日本の伝統と現代の楽しさが交差する特別な場所。是非、この機会に鳥取県の魅力を感じ、愛らしい「うさぎダンス」に触れてみてください。

参照記事・引用元画像

「うさぎダンス」の神社奉納を7/7(金)に実施 うさぎダンス奉納・お披露目
鳥取県のプレスリリース(2023年7月4日 14時00分)の神社奉納を7/7(金)に実施 うさぎダンス奉納・お披露目