北欧の暮らし上手が実践する「シンプルな節約術」

雑学・マメ知識

北欧の暮らし上手が実践する「シンプルな節約」について、特にデンマークに住む主婦たちの工夫を紹介します。北欧の物価の高さを感じる日常で、節約は課題の一つとなっています。現在では北欧のみならず、日本も物価高騰により暮らしが日々苦しさを増しています。

〈リーネさんの節約術〉

そんな中、リーネさんは、5日分の献立を考えて、まとめて買い出しをすることが習慣となっています。これにより、計画的に買い物をすることで無駄な出費を減らし、節約を実践しています。

さらに、リーネさんは「毎日の小さな贅沢品」を買うことをやめるなど、自分には必要なものとそうでないものを見極めています。洋服や雑貨の予算を減らし、シンプルな生活を楽しむことで、無理なく節約が続いているそうです。

〈節約は方法論より自身との向き合い方〉

節約のポイントとして、方法論よりも自分自身の気持ちと向き合うことが大切だと示唆されています。家族で話し合い、将来の暮らし方をじっくり考えることで、予算内で中古物件を見つけ、リフォームすることを決意したエピソードも紹介されています。

北欧では物価が高いため、日常生活の中で節約の工夫が欠かせません。リーネさんは出かける際にマイボトルやお弁当を持参し、無駄な出費を抑えることを心掛けています。また、スーパーのレジ袋も持ち歩くことが一般的で、エコだけでなく節約の手段としても活用されています。

『北欧の日常、自分の暮らし』には、北欧で子育てをしている3家族の取材を通じて学んだ、豊かな暮らしのエッセンスが詰まっています。遠い国の素敵な暮らしに触れる中で、私たちの暮らしにも参考となる知恵が満載です。

物価の高い国でありながら、北欧の暮らし上手たちは日々を楽しむための工夫を凝らし、シンプルな節約を実践しています。その考え方や取り組みは、私たちにも参考になることでしょう。

参照記事・引用元画像
北欧の暮らし上手が実践する「シンプルな節約」。物価が高くても日々を楽しむ工夫(ESSE-online) - Yahoo!ニュース
止まらない物価上昇に、節約はどの家庭でも課題のひとつになっている昨今。物価の高い国の人々は、どんな工夫をしているのでしょうか。