阿波銀行、株式型ネット募金大手「FUNDINNO」と提携。取引先企業の資金調達支援へ

ビジネス

阿波銀行は、新たな試みとしてFUNDINNOとの業務提携を発表しました。FUNDINNOは、非上場企業がネット上で自社の株式を小口出資により資金調達する「株式投資型のクラウドファンディング(CF)」を手がけている企業です。

FUNDINNOは、非上場企業が自社の株式や新株予約権をネット上で募り、投資家から集めた出資金で自社の新規事業に必要な資金を調達したり、企業を応援する「ファン株主」を増やすサービスを提供しています。

阿波銀行では、この業務提携を通じて自行の取引先である中小企業や起業家の資金調達の選択肢に変化をもたらします。具体的には、「株式型CFで収集できた出資金の額」により、新規事業への投資家の評価や期待度を測ることが可能になると述べていますので、これにより企業の資金調達の新たな形を提供します。

非上場企業が株式を募るという新たな形態の資金調達制度を推進するFUNDINNO。東京・品川に事業所を構える同社は、クラウドファンディングの分野で最大手となっており、取引先の中小企業や起業家にFUNDINNOを紹介し、資金調達を側面から支援します。阿波銀行としては、この提携を通じて取引先への資金調達支援を一層強化する方針です。

株式型クラウドファンディングは、従来の資金調達方法とは一線を画し、多くの中小企業や起業家にとって有効な資金調達手段として注目を集めています。今回の阿波銀行とFUNDINNOとの業務提携は、その流れをさらに強化し、新たな資金調達手段を提供することとなるでしょう。

今後とも、阿波銀行とFUNDINNO双方から目を離さないようにしましょう。株式型クラウドファンディングの世界は、資本市場への新たな風となり、企業の資金調達を変えていく可能性を秘めています。そのパートナーシップからどのような成果が生まれるのか、今後の動向がますます楽しみです。

〈株式会社FUNDINNOについて〉

FUNDINNOは日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスです。資金を調達したい企業と事業を応援したいファン投資家をマッチングするプラットフォームです。

この国のベンチャーマーケットを、よりオープンに、民主的に。すべての起業家と投資家にとっての、情報・機会の格差をなくし、「フェアに挑戦できる、未来を創る」こと、それが私たちのミッションです。起業家の挑戦に、多様な選択肢を提供すること。そして投資家の応援を、起業家へと届けること。志ある人々にとって開かれた未来へ、私たちは変革を続けます。

参照記事・引用元画像
阿波銀行、株式型ネット募金のファンディーノと提携 - 日本経済新聞
阿波銀行は株式投資型のクラウドファンディング(CF)を手がけるファンディーノ(東京・品川)と業務提携した。ファンディーノは非上場企業が自社の株式を返礼に小口の資金を募るサイトを運営する。阿波銀は取引先の中小企業や起業家にファンディーノを紹介...
「FUNDINNO」阿波銀行と事業提携
株式会社FUNDINNOのプレスリリース(2023年6月30日 15時00分)阿波銀行と事業提携