熱戦必至!福島競馬場で繰り広げられる七夕賞、注目の22頭が登録

スポーツ

七夕賞、それは日本の競馬界における名レースの一つです。今回は7月9日に福島競馬場で開催を予定している七夕賞(3歳以上・GIII・芝2000m)の想定出走馬と騎手、そして七夕賞の歴史についてご紹介します。

まず始めに、今回の七夕賞の主な出走馬と騎手についてです。現時点で出走を予定しているのは、総勢22頭。その中には、昨年のラジオNIKKEI賞覇者であるフェーングロッテンや、未勝利から4連勝を達成し、初の重賞挑戦をすることになるバトルボーン、また福島競馬場での実績を誇るヴァンケドミンゴなどが含まれています。ただし、このリストは変更の可能性がありますので、ご了承ください。

次に、今回出走を予定している馬とその騎手の一部をご紹介します。一覧は以下の通りです。

  • ヴァンケドミンゴ
  • エヒト
  • カレンルシェルブル(騎手:斎藤新)
  • ガロアクリーク(騎手:永野猛蔵)
  • ククナ(騎手:石川裕紀人)
  • グランオフィシエ(騎手:戸崎圭太)
  • サンレイポケット(騎手:M.デムーロ)
  • シフルマン(騎手:大野拓弥)
  • ショウナンマグマ
  • スタッドリー(騎手:北村宏司)
  • セイウンハーデス(騎手:幸英明)
  • テーオーソラネル(騎手:三浦皇成)
  • トーラスジェミニ(騎手:木幡育也)
  • バトルボーン(騎手:津村明秀)
  • ヒンドゥタイムズ(騎手:団野大成)
  • フェーングロッテン(騎手:松若風馬)
  • フライライクバード(騎手:菅原明良)
  • ホウオウイクセル
  • ホウオウエミーズ
  • レインフロムヘヴン
  • レッドランメルト(騎手:田辺裕信)
  • ロングラン

続いて七夕賞の歴史について解説していきます。

この七夕賞は1966年に創設され、当初は中央競馬の東京競馬場で行われていました。後に福島競馬場に移され、現在もそこで開催されています。そして1984年に行われたグレード制導入時には、七夕賞は格付けされGIII(グレード3)になりました。それ以降、このレースは競馬ファンにとって重要なステークスレースの一つとされています。

七夕賞は芝コース2000メートルで行われ、出走条件は3歳以上の牡牝混合で、ハンデキャップ方式によって施行されます。このため、歴代の優勝馬には、名だたる競走馬たちが名を連ねています。例えば、有馬記念を制した名馬「オグリキャップ」や、エリザベス女王杯を制した「ベガ」などが七夕賞でも優勝しています。

そして、七夕賞は夏季に開催されるため、競馬ファンにとっては夏の風物詩の一つとなっています。中央競馬だけでなく、地方競馬からも多くの競走馬が参戦し、競馬ファンに熱い戦いを見せてくれます。

以上が、七夕賞の歴史と2023年の想定出走馬についてのまとめです。七夕賞は日本競馬の魅力を存分に味わえるレースであり、多くの競馬ファンにとって注目の一戦となっています。

参照記事・引用元画像
【七夕賞想定馬・騎手】フェーングロッテン、ヴァンケドミンゴなど22頭 | 競馬ニュース - netkeiba.com
7月9日(日)に福島競馬場で行われる七夕賞(3歳上・GIII・芝2000m)。 現時点では、昨年のラジオNIKKEI賞覇者フェーングロッテン、未勝利から4連勝で重賞初挑戦を迎えるバトルボーン、4戦全… No.1競馬情報サイト「netkeib...