生きる力を育む教育カリキュラムを 群馬県内の教育関係者がぐんま国際アカデミーを視察

まちの話題

近年、急速なテクノロジーの進化やグローバル化に伴って、私たちが直面する問題やニーズも多様化し、予測困難な時代が訪れています。このような状況下で子どもたちが社会で活躍するためには、知識だけでなく柔軟な思考力や協働力、目標達成力などの非認知能力を持つことが求められます。そこで、群馬県太田市のぐんま国際アカデミーでは、国際バカロレアをベースにした独自の教育カリキュラムを通じて、これらの力を育成する取り組みが行われています。

ぐんま国際アカデミーでは様々な教育プログラムを展開しており、子どもたちは主体的な学びを通じて、知識だけでなく社会情動的スキルも身につけていくことができます。また、協働や目標達成力など非認知能力の育成にも力を入れており、子どもたちが困難な状況にも対応できる力を身につけることが期待されています。

先日、県内の教育関係者がぐんま国際アカデミーを視察し、特色ある教育カリキュラムや教育プログラムの効果について意見交換が行われました。教育関係者らからは、ぐんま国際アカデミーの取り組みが非常に有望であり、社会情動的スキルを育てる教育プログラムには大きな期待が寄せられていることが伺えました。

群馬県では、社会情動的スキルを育成する教育プログラムの研究と実践を進め、2026年度までに「群馬モデル」を確立するという目標が掲げられています。この「群馬モデル」の実現に向けて、ぐんま国際アカデミーのような特色ある教育カリキュラムや教育プログラムを積極的に導入し、子どもたちの生きる力を育む取り組みが広がっていくことが期待されています。

〈社会情動的スキルの重要性について〉

今後ますます予測困難な時代が訪れる中で、社会情動的スキルが大変重要な位置づけとなっています。社会情動的スキルとは、自己認識や自己管理、社会認識、人間関係スキル、意思決定スキルなど、人間として成長するために必要な能力のことを指します。

また、協働力や目標達成力などの非認知能力も社会情動的スキルの一部であり、これらの能力を持つことで、効果的に問題解決ができるだけでなく、他者と協働して新たな価値を創造することが可能となります。

このような社会情動的スキルを育成する教育プログラムによって、子どもたちは知識だけでなく、今後の社会で求められる柔軟な思考力や協働力を身につけることができると期待されています。そして、これらの力を持つ子どもたちが育つことで、予測困難な時代にもしっかりと対応できる社会が実現されることでしょう。

〈今後の展望〉

ぐんま国際アカデミーで行われている特色ある教育カリキュラムや社会情動的スキルを育成する教育プログラムは、今後の教育のあり方を示す一つのモデルとなるでしょう。県内外の教育関係者がこの取り組みを参考にしながら、自らの教育方針やカリキュラムに取り入れることで、子どもたちの生きる力を育む新しい教育の在り方が広がることが期待されます。

参照記事・引用元画像
生きる力を育む教育カリキュラムを 群馬県内の教育関係者がぐんま国際アカデミーを視察 | 群馬テレビ
予測困難な時代の中、子どもたちの生きる力を育む教育カリキュラムを探ろうと、特色ある教育に取り組む群馬...